スプラウトとチコリでロハス生活を提案する料理レシピ

サラダコスモ - モヤシやスプラウト野菜生産者
top 企業情報 採用情報 商品情報 FSSC2200認証 サイトマップ お問い合わせ


キーワード検索     レシピ検索
サラダコスモトップ > スプラウト料理レシピ > 空心菜の新芽入り鍋焼きうどん

冬だからお助けレシピ

冬だからこんな時に助かるレシピです。もちろん冬だけではありません。

空心菜の新芽入り鍋焼きうどん

空心菜の新芽入り鍋焼きうどん

寒い冬の夜は、あったかい鍋焼きうどんで温まります。
お鍋に空心菜の新芽がよくあいます。
冬場の貴重な葉物野菜として、便利なのが空心菜の新芽です。
あつあつのうどんに卵をおとして、いただきます。

【ことわざから一言】
「われ鍋にとじぶた」
よくしたもので・・・・と
夫婦のことをたとえて使われますね。


 材料 2 )人前
空心菜の新芽 1パック
えびの天ぷら 4尾
干ししいたけ 2個
かまぼこ 薄切り4切れ
卵黄 2個
うどん 2玉

 材料  つゆ
だし汁 400cc
しょうゆ 大さじ4
みりん 大さじ2・1/2
砂糖 大さじ1・1/3
大さじ1・1/3

作り方
干ししいたけはぬるま湯につけてやわらかくもどし、軸を切ります。空心菜の新芽は根を落とします。
鍋につゆの材料を入れ、しいたけを入れて煮立てます。
鍋焼きうどん用の1人用の鍋に、うどんを1玉ずつ入れ、えびの天ぷら・しいたけ・かまぼこをそれぞれ並べてつゆを1/2量ずつかけてふたをし、中火にかけます。
煮立ったら火を止め、中央に卵黄を1つずつ落として、空心菜の新芽をのせます。



このレシピで使用するスプラウト
空心菜の新芽 について詳しく見る


▲TOPへ戻る