スプラウトとチコリでロハス生活を提案する料理レシピ

サラダコスモ - モヤシやスプラウト野菜生産者
top 企業情報 採用情報 商品情報 FSSC2200認証 サイトマップ お問い合わせ


キーワード検索     レシピ検索
サラダコスモトップ > スプラウト料理レシピ > 空心菜の新芽とタラのカレースープ

冬だからお助けレシピ

冬だからこんな時に助かるレシピです。もちろん冬だけではありません。

空心菜の新芽とタラのカレースープ

空心菜の新芽とタラのカレースープ

タラは冬が旬の魚です。

寒い季節、カレースープで温まります。
空心菜の新芽で、シャリシャリ感を加えて。
タラが美味しい、食べるスープ。
夜食にも。

【ことわざから一言】
「鱈腹食う(たらふく食う)」
お腹いっぱい食べることですが、単なる語呂のよさだけではなく、タラは「手当たり次第何でも食べる大食いの魚」として有名。そんなタラのお腹のように(そんなタラのお腹もいっぱいになるくらい)食べるということからきているようです。
健康のためには「腹八分目」


 材料 4 )人前
甘塩タラ切り身 1切れ
空心菜の新芽 1袋
緑豆もやし 1/4パック
玉ねぎ 1/4個
固形スープの素 1個
600ml
大さじ3
みりん 大さじ2
しょうゆ 大さじ2
カレー粉 大さじ1


作り方
甘塩タラはひとくち大に切ります。玉ネギは縦薄切りにし、空心菜の新芽の根を落とします。
鍋に水と固形スープの素を入れ強火にかけ、煮立てばもやし、玉ネギを加えてしんなりするまで煮ます。
タラと調味料を加え、再び煮立ったら火を弱め1〜2分煮て空心菜の新芽を加え、ひと混ぜして器に注ぎ分けます。



このレシピで使用するスプラウト
空心菜の新芽 について詳しく見る
緑豆もやし について詳しく見る


▲TOPへ戻る