スプラウトとチコリでロハス生活を提案する料理レシピ

サラダコスモ - モヤシやスプラウト野菜生産者
top 企業情報 採用情報 商品情報 FSSC2200認証 サイトマップ お問い合わせ


キーワード検索     レシピ検索
サラダコスモトップ > スプラウト料理レシピ > ビビンバ丼

体がほしがるレシピ

食べたいと思った時が、必要な時。体が欲しがるレシピです。

ビビンバ丼

ビビンバ丼

ほうれん草とにんじんは、冬が旬の野菜です。

ビビンバに子大豆もやしがよく合います。
豚肉、卵に、野菜がいっぱい、ぜんまいも、丼ひとつで全部食べれるのが魅力です。

【ことわざから一言】
「あくが抜ける」
人の性質が洗練されて、嫌味がなくなること。
「食べ物のあく抜き」はぜんまいだったら、水に0.1%の炭酸ソーダ(ソーダ灰)や水1リットルに重曹小さじ一杯を加えて沸騰させ、湯通しするなどがあります。りんごの皮を剥いて、塩水につけ色がかわらないようにするのもあく抜きのひとつです。


 材料 4 )人前
子大豆もやし 1袋
にんじん 1/2本
ほうれん草 200g
ゼンマイ水煮 適量
ご飯 4人分
ごま 適量
豚バラ肉 200g
卵黄 4ヶ

 材料  あわせ調味料
ごま油
しょうゆ
みりん
ラー油
砂糖

作り方
豚肉は一口大に切って、ボールに入れ、焼肉のたれ・ゴマ油・すりごまを加えてよくもんで約5分間漬けておき、炒めます。
子大豆もやしを5分ゆでます。ほうれん草と短冊に切ったにんじんをそれぞれゆでてザルに上げよく水気を切ります。ゼンマイの水煮の水気を切り、ごま油で炒めます。
2の材料ごとをそれぞれにあわせ調味料で味付けします。
どんぶりにご飯を盛り付け2・3を放射状になるようにのせ、その上に1をのせ、中央を少しくぼませて卵黄を静かに落とし、ごまをふります。



このレシピで使用するスプラウト
子大豆もやし について詳しく見る


▲TOPへ戻る