スプラウトとチコリでロハス生活を提案する料理レシピ

サラダコスモ - モヤシやスプラウト野菜生産者
top 企業情報 採用情報 商品情報 FSSC2200認証 サイトマップ お問い合わせ


キーワード検索     レシピ検索
サラダコスモトップ > スプラウト料理レシピ > ことわざレシピ > 「山葵と浄瑠璃は泣いてほめる」

ことわざレシピ
更新日時 2016/05/10
記事タイトル 「山葵と浄瑠璃は泣いてほめる」

記事コメント 義理、人情、粋、伊達が気質の当時の江戸の人々。義理人情で泣かせる浄瑠璃、ピリッと効いたサビで泣かせる山葵をかけるところにも、粋で人情に厚い当時の精神文化を感じさせてくれます。浄瑠璃用語で、曲中、最も感動的な聴かせ所のことをサビといいますが、「山葵を利かせる」が語源なんだとか。それでは、山葵で泣いて粋を感じてください!?山葵を使ったレシピの紹介です。


いくらカイワレ茶漬け風雑炊
 
ブロッコリーの新芽とにんじんのサラダ
 
鯛のひとくち新芽ロール
 
発芽大豆のわさび醤油びたし
 



▲TOPへ戻る