スプラウトとチコリでロハス生活を提案する料理レシピ

サラダコスモ - モヤシやスプラウト野菜生産者
top 企業情報 採用情報 商品情報 FSSC2200認証 サイトマップ お問い合わせ


キーワード検索     レシピ検索
サラダコスモトップ > スプラウト料理レシピ > ことわざレシピ > 目に青葉山ほととぎす初鰹

ことわざレシピ
更新日時 2006/05/09
記事タイトル 目に青葉山ほととぎす初鰹

記事コメント 目に青葉まぶしく、ほととぎすの声が聞こえたら、初鰹を食べよう、という俳句がいい慣わされたものですが、旬のものを順に並べただけではありません。 江戸っ子にとって、初鰹を食べるというのは、自分が江戸っ子であるという証のようなものでした。江戸っ子は、流行におくれることをきらい、またケチといわれることを不名誉に思っていたので、おいしい鰹が出まわる季節になったら遅れずに少々高くてもそれを買って食べるのが江戸っ子気質。旬の初鰹を食べて江戸っ子気質を感じてみます!?庶民の味方、鰹節が効いたレシピも紹介します。


ブロッコリーの新芽 かつお丼
 
油揚げのしょうゆ焼き
 
子大豆もやしのおひたし
 
納豆としそのちこりボート
 



▲TOPへ戻る